広告





















2017年9月14日木曜日

[ホテル:日本] 大阪 西鉄イン心斎橋

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は、大阪の西鉄イン心斎橋の紹介。

「西鉄イン」は「西日本鉄道」の100%子会社である「西鉄ホテル」が運営するホテルチェーンブランドで、九州を中心に全国に12か所の展開をしています。

昔、出張で良く九州に行っていた際に「西鉄イン」頻繁に泊まっており、名前に馴染みがあったのですが、「ほお、大阪にもあんねんな」という事で早速予約。

場所は御堂筋線の心斎橋駅から歩いて5分ぐらいのところ、距離的には四つ橋線の四ツ橋駅からの方が近いです。
アメリカ村もすぐそばなので、昼晩メシ、飲み、買い物などにはとても便利なロケーションでございます。

また、以前このブログの「大阪の串カツ事情」で紹介したお店「田中」も目の前にあります。




部屋の様子は動画をど~ぞ。
綺麗で狭さを感じる事もなく、非常にオーソドックスな作りの部屋です。






1Fには「フレッシュネスバーガー」があり、ここで朝食をとっても良いのですが、先に述べたようにアメ村のすぐそばで、食べ物は何でもありますので、自分のように「この年になると朝からハンバーガーはきついよ~」という方は、他の選択肢もありますので問題ありませ~ん。




派手さとか大きな特徴はないものの、非常にシンプルで良いホテルだと思いました。
また、価格も周囲のホテルより若干安めに設定されているようで、アメ村のそばという立地も含め、若い子には良いホテルかもしれません。

以上、

とりあえず泊まったホテルを紹介しました。


2017年9月13日水曜日

[ホテル:台湾] 台北 福華大飯店

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は台湾の台北にある福華大飯店の紹介。
英語名は、"Howard Plaza Hotel"と言います。

場所は、台北MRT/文湖線の忠孝復興駅(下の地図の茶色の線)から歩いて5分ぐらいのところ、以前紹介した喬合大飯店(デジャブホテル)の近くにあり、同じく、松山空港からはこの線で1本、台北駅からは板南線で1本で行けますので、交通の便の良い立地です。

この福華大飯店、今回紹介する台北以外にも新竹、台中、高雄その他にチェーン展開をしており、自分は新竹、高雄にも泊まった事があるのですが、ちょっとした高級感や部屋の感じなど、これまでに泊まった台湾のホテルの中でも好きなホテルの1つです。

もしかすると、初めて台湾に行った時(かれこれ20年ぐらい前)に泊まったホテルである事で無意識に印象に残っているからかもしれません。




さて、ホテルの中ですが、1Fの真ん中にはドカンッとレストランがあります。
中央に池?いやプールという方が良いですね(笑、があり、その周辺にテーブルが並んでおり、ここで朝昼晩メシや酒を飲むことができます。

また、このレストランの周辺に服やアクセサリーなどのお店が並んでいるという感じです。


また、建物は吹き抜けになっており、とても解放感のある作りです。



部屋の様子は動画をど~ぞ。

広々としており綺麗なので、とても快適に過ごす事ができます。
また、バスタブがあるのに加え、シャワー室とバスタブが分かれているのはGOODな点。
髪や体を洗ってから、バスタブにゆっくりと浸かりたいときなどは非常に重宝します。




ちょっと話がズレますが、自分は風呂に入浴剤を入れて長時間浸かってゆっくりするのが好きなのですが、出張時もご多分に漏れず。
しかし、台湾のコンビニ等では意外にこの入浴剤が売ってないのです。(全体として売っていない訳ではないのですが)
で、台湾出張の際はいつも日本で入浴剤(バスクリンとかバブとか)を買って行くようにしております。

通常のビジネス系のホテルに比べちょっとだけ高級感が味わえ、場所も良いところにありますので、ビジネスでも観光でもOKなホテルですね。


このホテルの名刺


2017年9月1日金曜日

[ホテル:台湾] 新竹 新苑庭園大飯店 (Shin Yuan Park Hotel)

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は、台湾の新竹にある新苑庭園大飯店の紹介。
英語名は"Shin Yuan Park Hotel"と言います。

新竹に観光へ行く人は少ないのだろうと思うのですが、ここには「新竹サイエンスパーク」という電気電子、機械や装置系の会社が密集した地域がありますので、その関係の会社に勤めている人で、結構な頻度で出張をしている方はいるかもしれません。

確かに観光として1日を割く場所ではないかもしれないですが、なかなか良いところです。

例えば、今回のホテルのすぐそばには新竹を象徴する建物の一つである「東門」があります。




また、新竹と言えば「ビーフン」が有名。
日本でも新竹ビーフン(料理前の乾燥状態)を売っているところがありますね。

下の写真は夜市で食ったもの、これがカナリうまいんだな。



ホテルの場所は、台鉄(在来線)の新竹駅から歩いて5分ぐらい、高鉄(新幹線)の新竹駅からはタクシーで20分程度(NT$300=約\1200)のところにあります。




ホテルの目の前は公園で、道路を隔ててレストランやファッション関連の店がならんどります。



奥に見えるのが東門



部屋の様子は動画をど~ぞ。
綺麗で広く、バスタブもゆっくり浸かる事ができカナリ快適な宿泊をした次第です。

朝メシは、目の前にある姉妹店(どっちが姉ちゃんかわかりません・・・)の1Fのレストランのビュッフェです。

レストランの様子も重ねて動画でど~ぞ。







で、ついでにこのホテルの近くにある日本料理屋を紹介しておきます。

とりあえず行ったレストランを紹介します。

このホテルから歩くこと5分ぐらいのところにあります。
場所は下の地図を参照ください。

お店の名前は「木曽路」。
でも、しゃぶしゃぶではありません・・・

うどんや丼もの屋っすね。

自分は食いすぎなのを承知で欲張って、きつねうどんとうな重を食しました。

味は近いと言えば近いのですが、やはり食材の差もあるのでしょう、日本のものとは若干異なる感じがしました。

ただ、マズいという意味ではなく、結構GOODです。
連泊して「たまには日本料理でも食べたいな~」と思った時にはちょうどええ~でしょう。(自分は日本食シックになる事は全くないのですが)