広告





















2017年10月22日日曜日

[ホテル:台湾] 台南 老爺行旅

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は台湾の台南にある老爺行旅の紹介。
英語名はThe Placeと言います。

先週(2017/10/16の週)に台湾に出張に行き、その際に宿泊したホテルです。
台南はまだまだ暑く30℃を超える気温、東京を出るときは10数℃だったので結構な気温差があり、思わず「暑っ!」と声が出ました。

場所は台南市のやや東側にあります。
自分はこのルートはとっていないのですが、高鐵台南駅(新幹線)からは車(タクシー)で20分程度のようです。




さて、このホテル、ショッピングモールに併設されており、ドカーン~と存在感があります。

ホテルの様子は動画をど~ぞ。

部屋はモノトーン基調でかなり綺麗、非常に快適に過ごせます。
アメニティーも必要なものは揃っていますので特に問題なし。

勿論?FreeWiFiもあります。当日、速度を測定してみましたが、5Mbps程度でまあまあかなというところです。

1点、バスタブが無い(シャワーだけ)のが、風呂にゆっくり浸りたい自分にとっては難点でした。




朝食は5Fでとることができます。
ここはバーが併設されており、夜は酒を飲むことができるようです。
食べ物の種類はそこそこあり、自分の感覚ではシューマイ関連とおかゆが旨かったですね。

ホテルの裏側には広い公園があります。
朝は涼しかったのでゆっくりと散歩をしましたが心地よいものでした。
以下、公園の様子です。







ホテル館内での喫煙は当然禁止です。
タバコはエントランス前に灰皿があり、そこで可能です。



2017年10月15日日曜日

[ホテル:日本] 奈良 スーパーホテル新大宮

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は奈良の新大宮にある「スーパーホテル新大宮」の紹介。
先日、出張で泊まりました。

当日は、奈良で仕事があったので、京都駅から近鉄で奈良駅まで行きましたが、所要40分ぐらい。後で乗換案内で調べてみると、京都-新大宮間も途中特急を利用して40分ぐらいのようです。

これまで奈良にはほとんど行った事がなかったので、近鉄奈良線を含めなかなか新鮮な感覚でした。

さて、このホテル、新大宮駅の真ん前にありますので交通の便は至極ヨシ。
また、ホテルのお隣がコンビニ(セブンイレブン)なのもGOODなポイント。




当日はシングルルームに宿泊しましたが、部屋の広さも狭さを感じることもなく快適でOK!

どのスーパーホテルも同じなのかと思いますが、このホテル、結構、細かいところの気配りがあってイイですね。

部屋の様子は動画をど~ぞ。



今回宿泊してみて自分が気に入ったのはこの枕。
結構、寝つきが良くなく肩こりが激しいのですが、この枕、非常にココチ良く熟睡できた次第、やはり、熟睡するには枕が重要なのだ!と思わせてくれました。



[ホテル:台湾] 台北 王朝大飯店

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は台湾の台北にある王朝大飯店の紹介。
英語名は、”Sunworld Dynasity Hotel”と言います。

場所は台北の中央部で、最寄の駅はMRT文湖線の南京復興駅になります。
松山空港から2個目の駅なので、この空港を利用する場合はアクセス抜群、また、タクシーでもヒョイと行けます。




ホテルの様子は動画をど~ぞ。

かなり大きなホテルで、中央が吹き抜け、その周囲に部屋があるという構造になっており、エレベータで上に上がる際はなかなか見ものです。(高所恐怖症の方は要注意 笑)


エレベータからの画像

部屋は広く綺麗キレイでとても快適です。
自分はほとんど使いませんが、アメニティーも充実しています。

アメニティー


ホテルの動画


以下、周囲の状況です。

 通りを挟んだ向こう側にある台北小巨蛋(アリーナ)


 すぐ隣(ほとんど中?)にニトリとIKEAがあります。
あとユニクロも


 ホテルの裏手にあるOUTBACK


意味深なサウナ(笑)



2017年10月11日水曜日

[ホテル:日本] 大阪 サンプレイン長堀

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は、大阪の長堀橋駅のそばにあるサンプレイン長堀の紹介。
長堀橋駅から歩いて2-3分、また、心斎橋駅からも歩いて10分とかからないところにあります。

以前紹介したアークホテル大阪心斎橋ネストホテル大阪心斎橋の近くです。




このホテル、カプセルとシングル/ダブルルームが一緒にあります。(階でわかれていますが)

当日はシングルを予約、\5,600/泊でした。

部屋は3帖ぐらいでしょうか?風呂やトイレ、洗面台は無しで、ベッドと机のみという非常にシンプルなツクリ。それ故、部屋の狭さを感じることはありませんでした。

トイレは共通で同じ階のエレベータ前にあり、風呂は10Fに大浴場があります。
風呂はジャグジーになっておりなかなかGOO~。

また、10Fには無料休憩所兼お食事処が3Fにマッサージ屋があり、これまたベンリ。

お食事処は、持ち込みもOK。
すぐ近くにコンビニ(セブンイレブン)がありますので問題ナシです。

ただ、周囲は心斎橋で、ウマイお店が沢山ありますので、部屋でコンビニ弁当を食べる必要はないかな・・・と。

部屋やその他の様子は動画をど~ぞ。





お食事処のメニュー

これまで、出張時にこのタイプのホテルに泊まったことがなかったのですが、

仕事でヘロヘロになる
 ホテルに入る
  すぐに外に繰り出す
   (かなり疲れていたらマッサージ(エロなし 笑)
    メシを食う
     一緒に酒を飲む(まあ、ここはビール)
      気持ちよく酔っぱらう
       調子に乗る
        さらに飲む(次は焼酎の連チャン)
         だいぶに酔っぱらう
          さらに調子に乗る
           さらに飲む(次はヴォッカの連チャン)
            ベロベロに酔っぱらう
             ホテルに戻ろうとするが歩けなくなりちょっと座り込む
              何とかホテルに戻る
               そのまま寝る
                気づいたら朝
                 風呂で酔いさまし
                  また仕事(あるいは東京に帰る)

という自分の行動パターンを考えると、コストパフォーマンスも含み

「このタイプのホテルで十分じゃね?」

と思ってしまったシダイです。(自爆




2017年10月9日月曜日

[ホテル:日本] 大阪 大阪東急REIホテル

大人向けのトラベルブランド


とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は、大阪の大阪東急REIホテルの紹介。

場所は、阪急東通りのそばにあり、大阪駅や梅田駅から歩くと10分ぐらいかかります。
ただし、商店街のそばにありますので昼や晩メシにはとても便利ば場所です。



地下街を歩いていく場合、(私の場合は)正直、どこがどこなのかわからなくなってしまいますので、まずは泉の広場を目指し、そこから地上に上がるとわかりやすいです。


泉の広場

ホテルのすぐ隣にはサイゼリアやびっくりドンキーがあり便利。また、その先にはコンビニ(ローソン)もありますのでこれまた便利。
ただ、よく考えると、わざわざ大阪に行って、サイゼリアやドンキーに行く必要もないですわな・・・


ホテルの様子は動画をど~ぞ。

当日はシングルの予約でしたが、部屋は広く快適!自分の感覚では、机とベッドの間は80-90cmぐらいありました。

当然?ですが、無料WiFiもあります。
(最近ではWiFiでお金を取るところもなくなりましたね)

風呂はユニットバスですが、アメニティーも結構揃っており良いです。



このホテルのすぐ裏は阪急東通り商店街になっています。
ほとんどが食い物屋や居酒屋なので昼や晩メシは選び放題。
また、ちらほらと風俗の無料紹介所も(笑

東通り商店街

ビジネスホテルというよりは、観光の拠点という感じで、なかなか感じの良いホテルでした。

2017年9月14日木曜日

[ホテル:日本] 大阪 西鉄イン心斎橋

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は、大阪の西鉄イン心斎橋の紹介。

「西鉄イン」は「西日本鉄道」の100%子会社である「西鉄ホテル」が運営するホテルチェーンブランドで、九州を中心に全国に12か所の展開をしています。

昔、出張で良く九州に行っていた際に「西鉄イン」頻繁に泊まっており、名前に馴染みがあったのですが、「ほお、大阪にもあんねんな」という事で早速予約。

場所は御堂筋線の心斎橋駅から歩いて5分ぐらいのところ、距離的には四つ橋線の四ツ橋駅からの方が近いです。
アメリカ村もすぐそばなので、昼晩メシ、飲み、買い物などにはとても便利なロケーションでございます。

また、以前このブログの「大阪の串カツ事情」で紹介したお店「田中」も目の前にあります。




部屋の様子は動画をど~ぞ。
綺麗で狭さを感じる事もなく、非常にオーソドックスな作りの部屋です。






1Fには「フレッシュネスバーガー」があり、ここで朝食をとっても良いのですが、先に述べたようにアメ村のすぐそばで、食べ物は何でもありますので、自分のように「この年になると朝からハンバーガーはきついよ~」という方は、他の選択肢もありますので問題ありませ~ん。




派手さとか大きな特徴はないものの、非常にシンプルで良いホテルだと思いました。
また、価格も周囲のホテルより若干安めに設定されているようで、アメ村のそばという立地も含め、若い子には良いホテルかもしれません。

以上、

とりあえず泊まったホテルを紹介しました。


2017年9月13日水曜日

[ホテル:台湾] 台北 福華大飯店

大人向けのトラベルブランド



とりあえず泊まったホテルを紹介します。

今回は台湾の台北にある福華大飯店の紹介。
英語名は、"Howard Plaza Hotel"と言います。

場所は、台北MRT/文湖線の忠孝復興駅(下の地図の茶色の線)から歩いて5分ぐらいのところ、以前紹介した喬合大飯店(デジャブホテル)の近くにあり、同じく、松山空港からはこの線で1本、台北駅からは板南線で1本で行けますので、交通の便の良い立地です。

この福華大飯店、今回紹介する台北以外にも新竹、台中、高雄その他にチェーン展開をしており、自分は新竹、高雄にも泊まった事があるのですが、ちょっとした高級感や部屋の感じなど、これまでに泊まった台湾のホテルの中でも好きなホテルの1つです。

もしかすると、初めて台湾に行った時(かれこれ20年ぐらい前)に泊まったホテルである事で無意識に印象に残っているからかもしれません。




さて、ホテルの中ですが、1Fの真ん中にはドカンッとレストランがあります。
中央に池?いやプールという方が良いですね(笑、があり、その周辺にテーブルが並んでおり、ここで朝昼晩メシや酒を飲むことができます。

また、このレストランの周辺に服やアクセサリーなどのお店が並んでいるという感じです。


また、建物は吹き抜けになっており、とても解放感のある作りです。



部屋の様子は動画をど~ぞ。

広々としており綺麗なので、とても快適に過ごす事ができます。
また、バスタブがあるのに加え、シャワー室とバスタブが分かれているのはGOODな点。
髪や体を洗ってから、バスタブにゆっくりと浸かりたいときなどは非常に重宝します。




ちょっと話がズレますが、自分は風呂に入浴剤を入れて長時間浸かってゆっくりするのが好きなのですが、出張時もご多分に漏れず。
しかし、台湾のコンビニ等では意外にこの入浴剤が売ってないのです。(全体として売っていない訳ではないのですが)
で、台湾出張の際はいつも日本で入浴剤(バスクリンとかバブとか)を買って行くようにしております。

通常のビジネス系のホテルに比べちょっとだけ高級感が味わえ、場所も良いところにありますので、ビジネスでも観光でもOKなホテルですね。


このホテルの名刺